2019年ディーラー表彰結果! 結束力が武器のアルコン岡山が念願の1位を達成!

企業

2019年ディーラーアワード情報が続々と集まってきております。

今回は株式会社アルコン岡山をご紹介します。

(インタビューはヒアリングシート及びメール等にて実施いたしました)

2019年度 MINIディーラー表彰 

2019年 VoC  NPSスコアセールス部門表彰
1111VoC NPS スコア※1 新車部門 全国1位(全国58ディーラー中)

BEST Finance ディーラー表彰
1111ファイナンス部門 指標ポイント 全国2位

 BEST Marketingディーラー表彰
1111マーケティング部門 指標ポイント 全国2位

 達成&連続達成ディーラー表彰
1111新車計画台数達成&68か月連続達成 全国6位(5年連続受賞)【実績438台、計画416台、計画比105.3%】

※1   oice of Customeret Promoter Scoreの略。顧客満足度アンケート結果によるスコアで評価される。

※画像をクリックすると大きくご覧いただけます。

 

※ヒアリングシートに回答いただいた明石取締役

-今回受賞された賞とは。

-まず、最も注力してきたVoC NPS(oice  of  ustomer   et  romoter  core)所謂、顧客満足度ですが、こちらはディーラー表彰項目ではないものの、外部からのスコアであることを踏まえ、1位をとれたことは日ごろの取り組みが評価されたことであり、本当にうれしく思います。
また、全国2位を獲得したBEST マーケティングディーラーに関しては① 紹介票成約率② Friends of MINI 成約率③ デジタル広告利用状況④ ウェルカムパッケージ発注率などメーカーの定めた基準に則り、評価されます。
同じく全国2位のBESTファイナンスディーラー賞に関しては、MINI ADVENTURE 2019ディーラーコンテスト(毎年展開されるファイナンス部門のコンテスト)の結果にて評価されます。
いずれも前年度を上回る成績で、今年度はさらにすべてにおいて1位奪取を目指しています。

-今回の受賞で得たもの、変わったことなど

-もちろん、外部からの評価の指標になりますし、スタッフのモチベーション向上にもつながる受賞と考えます。
MINI計画台数達成ディーラー賞に関しては68か月連続での受賞となりますので、継続への責任感や使命感もあります。また、今回1位を逃した賞に関しては「1位奪取!」を合言葉に必ず成し遂げるという意気込みが感じられます。


-受賞された2019年度において、特に意識してきたこと。

-新車営業部としての責務はいつも変わらず、計画を達成すること。
目標を明確にし、KPIにこだわり、あるべき姿に向けてチームのベクトルを合わせて取り組むことです。
我がチームは、経験3年未満の20代スタッフが多く、一度リズムを掴むと勢いがつきすべてにおいて好循環を生み、実績も上昇していく傾向が顕著であると同時に逆に不調な時にはネガティブになりがちなことも少なくありません。
受注獲得、計画通りのペーシング時は良いのですが、順調ではない時の対策が常にポイントとなります。

-それを受けての今期の取り組みなどへ。

-今期においては過去の反省も踏まえ、①現状の問題点を明確にすること。②あるべき姿に向けての課題を明確にすること。を意識しています。過去においてはうまくいかないことに対し、叱咤追求が多かったのですが、必要以上の反省は求めず、しっかり現状を内省し、問題点と課題を合意することにこだわりました。
たとえば、受注できなかったケースにおいて、その原因についての分析を必ず義務付け、情報を共有。
「負けに不思議の負けなし」と言われるように、自分のゴールイメージと異なった場合、必ずある原因を追究し同じ間違いを繰り返さないように取り組んできたことを今期も継続し、SCの個人成長を促すとともに、チームとしてのレベルアップを意識していきます。

※昨年のG-MIND AWARDSではBEST TEAM賞を受賞


-今回の受賞において、とくに注力した部分などはありますでしょうか。

-個々の能力以前に、目標に対する取り組みは、いかにチーム一丸となれるかに尽きると思います、
そして、私が各スタッフの能力をいかに理解し引き出し、チームとして最大限のパフォーマンスを発揮させることができるかにかかっていると思います。
我がチームには、圧倒的なエースはいませんし、仮に誰か一人の数字が突出していたとしても、他が悪ければ今回のような賞をいただくことはできません。誰しもにある調子の良し悪しの幅をできるだけ小さくし、チームとして安定した数字を獲得していくことが重要と考えます。
その点においては、ミーティング及び日報の活用によって共有できているという実感があります。
我々に適した戦術を使い、一流の営業部隊に勝つイメージをし続けた結果の今回の受賞と考えています。
今後も驕ることなくG-MINDを実践し、努力継続してまいります。

-今回受賞したことで何か変わったことなどありますでしょうか。

-現在7名のSCが在籍しており、そのうちの半数以上が20代の若手で構成されています。
特に若手社員はまだ経験も浅く成功体験にも乏しいのですが、今回の受賞で会社、チームだけでなく、各個人においても自信につながったのではないかと思います。
特にファイナンスディーラー表彰では2018年度3位、またVoC NPSスコア新車セールス部門では2018年度2位と共に今回は順位を上げております。これに関しては当初より目標として全員で取り組んできましたので大きな喜びと自信につながりました。
また、チーム内において、会社にもグループにも貢献しているという意識が浸透し始めています。

-日頃から心がけていること、取り組みなど教えてください。

-定められた計画というものは当初より決まっており、不変です。
その中で目標を細分化し、そこに向けて行動を起こし、目標達成へのシナリオを常に考察しながら日々の営業活動に取り組んでおります。
「登る山を決めて逆算する」という言葉がクレドにありますが、「目標がその日その日を支配する」という言葉もあります。目標を明確にし、そこに向かって取り組むことがすべてです。
一日に与えられている時間は皆同じ。取り組み次第でその一日は大きく変わります。目標を明確にし日報を活用しPDCAを高速回転させることを心がけております。

-今年度の目標を教えてください。

-新車計画台数達成、連続達成月数を伸ばしていくことが最大の目標です。
この目標をクリアすれば、その他の結果も自ずとついてくるものと考えます。ただし、固執しすぎることによって起こる悪影響、過度なプレッシャーでスタッフを委縮させてしまうことなどには注意しコントロールしていく必要性を感じております。数字ももちろん重要ですが、GLIONグループの一員としてグループ理念に則りG-MINDを実践、win-win-winを実現します。
また、G-MINDを具現化できる会社であることを常に目指してまいります。
他ディーラー様が見学に来社されるくらいの会社へと成長し、自社の中から全国に名を轟かせる「伝説の営業マン」を育て、この会社が記録だけでなく記憶にも残る存在感のある会社になることを目指します。


-「個」の力についてどのようにお考えでしょう。

-前述のとおり、このチームは若く、経験も浅く、未成熟なチームであります。
個の力は営業責任者の私も含め、まだまだ未熟ではありますが、その「個」の力を集結し、強固なベクトルとなれば大きな力を生み出すことができると思っております。
「人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力」とあるように、熱意だけはどこにも負けないとうことがこのチームの強みでもあります。

-では最後にチーム力についてのお考えをお聞かせください。

-このチームはまだまだ未成熟にて怖いもの知らず、勢いのある時には大きなパワーを発揮する一方、歯車が噛み合わない時には立ち直りに時間がかかることもあります。
ただし、グループイン時の新チーム(当時は未経験者新規採用SC4名からのスタート)から着実に経験を積み重ね、今日に至ります。発展途上ではございますが、ここまでは皆さまのお力添えの元成長してまいりました。
今後も更なる努力と経験を積んで必ず理想のチームになると確信しております。
課題山積ではありますが、私としては今のチームは中堅と若手が癒合し、意識調和の取れたONEチームであり、さらなる向上への期待にお応えできるいいチームであると自信をもって言えます。

-ありがとうございました。

 

 

0

OTHERS関連企業/ブランド