株式会社ジーライオン東京支社が虎ノ門に移転。新たなスタートを切りました!

グループ

年明け1月6日に移転し、新たなスタートを切ったGLIONグループ 株式会社ジーライオン東京支社。
その東京オフィスで勤務する野村取締役に今後の展望についての話を聞いてみました。
インタビュアーは広報部マネージャー立山です。

東京にオフィスを設置する理由

本日は宜しくお願いします。
まず、この東京オフィスに現在入っている会社と現在の業務内容を教えてください。

現在は株式会社ジーライオンのほか、海外事業本部、SellCaのメンバーがおり、それぞれの業務についていますが、私の管轄する場所でいうとCLUB GLIONの開発・運営を行っています。

CLUB GLIONとはどのようなサービスなのでしょうか。

お客様にオンラインで多様なサービスをお届けできるようなシステムとなっています。GLIONグループだからこそご紹介できるサービスや特典を掲載しています。
現在はスタートしたばかりのシステムですが、いずれは通販サービスやメールの送信機能・店舗予約機能を搭載させ、最終的には自動車をオンラインで販売できるような最先端のシステムになっていく予定となっています。現在は各社ごとにおもてなしをさせていただいているお客様が、グループとしてのお客様になっていただければと思っています。

メルセデスベンツは2025年までに販売の25%をオンラインによる販売へと移行することも発表しています。ディーラー主導となるであろう、車業界の大きな変革に差し掛かる中、そのような先手を打っていくビジョンを描いているのですね。そのようなCLUB GLIONを運営しながらも、なぜ東京オフィスを移転させたのでしょうか。

GLIONグループは、関西では有名ではあるものの関東での知名度はまだまだの状況です。
しかし、今後のグループのさらなる発展を考えた場合、日本の人口の約半数を占める関東でのビジネスを無視はできないと考え、心機一転、関東でのビジネスを展開する拠点として東京オフィスの立ち上げを提案しました。
また、もともと東京にもオフィスはあったのですが、小さなオフィスに各社バラバラに存在している状況でしたので、GLIONグループというブランドをアピールするためにも、ホテルオークラが運営する「オークラプレステージタワー」という伝統と格式を兼ね備えたオフィスを選んだ経緯があります。現在新港にも本社ビルを建設中ですので、神戸とあわせてグループの“顔”となれれば嬉しく思います。

 

東京オフィスの役割と今後

 

この東京オフィスが担う役割について聞かせてください。

先ほども話しましたが、東京オフィスはGLIONグループが関東でのビジネスを拡大するための拠点と考えています。

既にある関西での事業を関東で展開する際や、新たにITを強化する部門の立ち上げが主な役割となり、特にIT部門に関しては人材を集めることを考えた場合、関東と関西ではIT人材の数に圧倒的な差があるため、東京での採用が理想と考えていました。
他社と競合することも考えられますが、少しずつGLIONグループのブランド認知と今後の取り組みをPRすることで、しっかり採用していきたいと思っています。

東京オフィスの今後の展望について聞かせてください。

今後の展望としては

・既存事業の関東進出拠点

・IT部門立ち上げによるグループ全体のIT化推進

・新たなビジネスの創出

を担うべく、組織を作っていく予定です。
採用の状況にもよりますが、直近ではモバイル事業部の関東拠点として3月から稼動し、IT関連業務にしても3月から徐々に稼動できるよう積極的に採用を開始しました。
GLIONグループのブランド認知とこれらの施策でグループに貢献できるよう全力で取り組んでいきます。

IT部門の強化ということなのですが、具体的にはどのようなところなのでしょうか。

ジーライオングループの次なるフェーズとして必要だと感じているところが、IT を利用してビジネス拡大に繋げていくことだと体感しています。これまで皆さんの個々人の力や頑張りでやってきたことを、ITを使ってもっと効率的にしていきたいと思っていて、たとえばブランディング強化、マーケティング、業務効率化など、ITを使うことでより売り上げアップに繋げられると信じています。

ITの力で売り上げをバックアップしていく、ということですね!
社員はグループのITの発展において、働き方はどのように変化するのでしょうか。

 

ITを使い、仕事を効率化することで次の思考に進み、流れはより創造的な仕事に向いていくものなので、結果新しいビジネスの立ち上げなどがグループ内から生まれると最高ですね。

————————————————–

東京オフィスの現在、そして未来についての記事はいかがでしたでしょうか。
GLIONグループが更に大きくなっていく1歩となる東京オフィスの移転。
ぜひ今後にご期待ください。
また、積極採用中となりますので、こちらよりチェックしてみてくださいね!

 

0

OTHERS関連企業/ブランド