【ヒストリックカーが平和を繋ぐ】デヴィ夫人も参加する「Peace & Culture Earth Rally」が8月11日、いよいよ大阪に上陸!

プレス

ゴール地点は、2025年大阪万博開催に向けて盛り上がりをみせる、大阪ベイエリアにある赤レンガ倉庫GLION MUSEUM


GLIONグループ(ジーライオングループ、 所在地:兵庫県神戸市、 代表:田畑 利彦)が運営するクラシックカー博物館 GLION MUSEUM(大阪市港区)が、 「Peace & Culture Earth Rally」のゴール地点となることが決定しました。 博物館で所有する貴重なヒストリックカー3台もラリーに参加!デヴィ夫人も大阪より合流。 Peace Rallyの皆様と共に大阪の街を走ります。

8月4日(日)東京を出発し、 広島・長崎を結ぶルートを経て、 8月11日(日)大阪を目指し2,600kmをヒストリックカーで走行する、 EXPLORERS CLUB Peace Rally Japan主催の「Peace & Culture Earth Rally」が開催されます。


 

ヨーロッパでは生産年数の古い歴史的に価値あるヒストリックカーを用いたラリーは、 平和を祈願する方法のひとつとされています。 古き良きものを大切にし、 丁寧に乗り継がれてきたヒストリックカーを走行させることで平和の尊さや自然環境を守る大切さを発信します。
歴史を持つヒストリックカーに乗って国境を超えながら多種多様な人々と交流を持つことで、 互いを理解し尊重する平和の輪を拡げているピースラリージャパンチーム。 ヒストリックカーならではの故障も仲間とともに乗り越え、 ラリーを通じて世界の平和という大きな問題に対しても、 自ら考え「一歩」を踏み出す勇気を持つこと、 というメッセージを伝えるべく走行を続けているそう。

ラリー最終日である811()の大阪での走行にはデヴィ夫人も参加し、 2025年に大阪万博を控える、 大阪ベイエリアにある赤レンガ倉庫 GLION MUSEUM(大阪市港区海岸通 2-6-39)をゴールとして目指します。
ゴール地点となるGLION MUSEUMでは施設内にあるレストラン AKARENGA STEAK HOUSEにて参加者の祝賀会ディナーも開催されます。

 

  • ピースラリー(Peace Rally)とは

歴史や宗教を超え友好を深め、 経済も含めてユーラシア大陸を一つに繋ごうという趣旨で、 2017年にモナコ公国で始まったプロジェクトです。 モナコ公国在住のJuan Henri Tamenne氏によって創設されました。 歴史を持つヒストリックカーに乗って国境を超えながら多種多様な人々と交流を持つことで、 互いを理解し尊重する平和の輪を拡げています。
日本では馴染みの薄いヒストリックカーでのラリーという平和祈願方法ですが、 ヨーロッパを始めとする諸外国においては、 生産年の古い歴史あるクラシックカーを用い、 道中の度重なる故障を修復しながら次々と国境を超えて走り続けること自体が敬意を持って迎えられる行為とされています。

ピースラリージャパンの皆さん

左はデヴィ夫人、 中央はプリンス・サージ・ド・ユーゴスラビア殿下

 

GLIONグループとピースラリーとの出会いは、 NPO法人アース エイド ソサエティの代表も務められるデヴィ夫人にご縁を繋いで頂いたことでした。 GLION MUSEUMより1948年式のロールス・ロイス・シルヴァーレイスでデヴィ夫人と共に参加しました。

※NPO法人アース エイド ソサエティは、
・戦いをやめ 許しあい 地球に 平和を
・あらゆる命に 思いやりを
・青い海と 緑の大地を 永遠に
というスローガンを掲げています。

 

  • ピースラリー創設者 Juan Henri Tamenne氏の想い

このラリーの目的は、 若い世代のより良い未来のために、 私たちの地球をどのように救うかについて人々に知らせることです。 この状況を一夜で変えることはできませんが、 我々の日々の生活を変えることはできます。
地球温暖化、 核の潜在的な大惨事は世界を不安定にし、 その結果、 世界の平和のバランスに危険をもたらす可能性があります。 また、 私たちは産業廃棄物の生態学的影響と限界に気を配っていません。 私たちのラリーは人々が、 地球をより良くし、 地球にやさしいライフスタイルを続けることを考えることができるように、 メディアやインターネット上の人々に知らせるために企画されました。 私たちの美しい古いリサイクルカーはメディアの関心を引き付け、 私たちのメッセージを広げる最善の方法です。

 

  • 実施要項

名 称:Peace & Culture Earth Rally
日 程:2019年 8月6日(火)~2019年8月11日(日)   東京→広島→長崎→大阪
《スケジュール》
8月3日(土) 【東京】前夜祭
8月4日(日)             東京出発
8月6日(火) 【広島】平和記念式典参列
原爆資料館見学
(愛媛→大分→宮崎→熊本経由)
8月8日(木) 【長崎】原爆資料館見学
8月9日(金) 【長崎】平和島記念式典参拝
8月10日(土) 【福岡】大刀洗平和記念館
福岡ペタンク大会
8月11日(日) 【大阪】大阪観光名所巡り
GLION MUSEUM
〈8月11日(日) 大阪回遊ルート〉
大阪城出発→御堂筋→大仙公園(仁徳天皇陵)→GLION MUSEUM到着
※GLION MUSEUM内、 AKARENGA STEAK HOUSEにて祝賀会ディナー

《実施内容》
東京都心から出発し広島市と長崎市を結び、 大阪市をゴールとして目指す約 2,600kmの道のりをヒストリックカーで走行し、 世界に平和の尊さを発信します。
・GLIONグループから参加となるヒステリックカーは、 ロールス・ロイス・シルヴァーレイス(1947年)、 シトロエンDS21(1972年)、 アルファロメオジュリアスーパー(1972年)の3台。

《背 景》
2020年に開催予定のヒストリックカーでユーラシア大陸を横断するピースラリー計画の実施に向け、 昨年の広島~長崎に続き、 ヒストリックカーでの走行会を開催します。

《本企画の後援》
東京環境局「チームもったいない」、 環境省「Plastic Smart」、 広島県、 倉敷市、
株式会社サミットインターナショナル、 GLIONグループ、 NPO法人アース エイド ソサエティ、 中国新聞社

 

  • 会社概要

会社名:GLIONグループ
本社所在地 :〒650-0033
兵庫県神戸市中央区江戸町104番6階
事業内容 :自動車正規ディーラー業、 料飲事業、 海外事業、 オートクチュール事業他
URL: http://glion.co.jp/

OTHERS関連企業/ブランド