おもてなしを通して価値をお届けする-2021年卒レセプション職研修レポート

おもてなしを通して価値をお届けする

土台となる基礎を身に着け仕事の本質的な魅力を知る

2021年新入社員研修レポート/グループHRA(採用・教育)垣添麻結

ジーライオングループには様々な法人が所属し、職種も幅広く存在します。
この記事では、本年度入社した10名の輸入車ディーラーレセプション職を対象に開催した研修レポートと共に
このお仕事の魅力について少しご紹介したいと思います。

今回の研修は入社後1か月の店舗研修を経て5月13日に開催。

 

ブランドを背負う正規ディーラー店舗の顔となるレセプションのお仕事について

研修には、先輩講師としてジーライオングループ マセラティ神戸より江平が登壇。

冒頭でショールームスタッフのあるべき姿について語る江平

Profile
江平 久美子(えひら くみこ)
マセラティ神戸 レセプション

2018年にジーライオングループに入社。
お会いする一人ひとりのお客様に期待を超える最高のおもてなしを提供するという想いと
常に前向きにチームをサポートする姿勢が周囲から圧倒的な評価を得て
GMIND-AWARD2019※₁でベストレセプショニストを受賞

※₁グループで年に1度開催されている社員総会の呼称

我々がお取り扱いをしているブランドにはそれぞれのブランドの歴史、想いがあります。
そんなブランドの価値に共感してくださるお客様へ感動をご提供することが我々ディーラー店舗の使命です。

そんな夢の詰まった場所の顔となるレセプションの役割は、商材となるお車に接客力をのせて価値をご提供する“おもてなし”を行うことなのです。

真剣な眼差しで研修に参加する新入社員たち。

 

おもてなしの土台となるビジネスマナー基礎について

本研修のメインはビジネスマナー研修。

ワンランク上の接客を行う上で土台となる基礎知識の習得を目的とし
笑顔の作り方、座り方や立ち方に始まり
ショールームにお越しいただくお客様や業者さま、そして共に働く先輩社員に対して
どのような挨拶や言葉遣い、立ち居振る舞いを行うことが理想なのか?
学びを深めました。

参加社員からは
”これまで正しいと思って使っていた言葉が間違ったものだと初めて知った。”
などという声もあり、改めて基礎を学ぶことの重要性を実感した者も多かったのではないでしょうか。

自分がお客様だったらどのような接客をされると嬉しいのか

基礎を学んだ上で江平からこれまでの経験で得たハイブランドレセプション職の
エッセンスを新入社員へ伝授。

 

研修の後半では実際のショールームでお客様のお出迎えの仕方やコミュニケーションの取り方を学び、社員たちの表情にも自然とお客様を想い笑顔が溢れます。

 

自分自身がお客様だったら…
どのような笑顔でお迎えされると嬉しいか。
どのような気遣いをされると心地よいか。
どのようなサービスを受けるとまた来たいと思うのか。

自分がしてもらって嬉しいことを行うことでお客様が喜んでくださり
そしてそのお客様の喜んでくださる顔をみることでまた自分も幸福ややりがいを感じる。

おもてなしを極めることは接客力の向上だけでなく自身の幸福や人間力の向上にもつながると考えています。

レセプションのお仕事は奥深く極めることで自分自身も楽しむことのできる魅力的なお仕事なのです。

 

ジーライオングループの一員として。

仕事だけでなく普段の私生活から

研修の最後に新入社員の皆さんへメッセージ。

 

やはりおもてなしを通じて感動をお届けするには
相手の気持ちを考える。
感謝の気持ち伝える。
これに尽きると言っても過言ではありません。

これらはこの職種のみならず、ジーライオングループが最も大切にしている指針のひとつです。

仕事中だけでなく日々の生活でも周囲の人や出会う人を大切にし、感謝の気持ちを伝えることで自身の人生も必ずポジティブな方向に進むと考えています。

本研修では4月に入社し多くの期待や不安を抱える参加社員の皆さんが、この仕事の本質的な魅力と社会人としてあるべき姿を改めて見つめなおす時間となりました。

グループHRAでは今後も様々な場所で頑張る新入社員のサポートを全力で行って参ります。



GLIONグループ採用情報はこちら

InstagramTwitter  フォローもぜひお願いします。

2+