【新卒社員VOICE】データ分析×即断即決でPDCAを回す。新卒入社3年目のトップセールスが語る、GLIONグループで最大に成長する秘訣

2020年度の社員総会「G-MIND AWARDS」でのROOKIE OF THE YEAR(新人賞)グランプリ受賞を皮切りに、セールスとして大活躍している橋本 隼平(はしもと じゅんぺい)さん。
▲受賞インタビューはこちら

今回は橋本さんの学生時代についてや、なぜGLIONグループを選んだのか、また現在は日々どんなお仕事をしているのかを、じっくりとインタビューしてまいりました!

====profile==========================
橋本 隼平(はしもと じゅんぺい)
GLIONグループ スズキ中兵庫販売株式会社
スズキカーセレクションセンター鈴蘭台
2019年 新卒入社(3年目)
=====================================

ー今日はよろしくお願いします!まず学生時代の事をお聞きしたいのですが、橋本さんはどんな学生だったのでしょうか?
よろしくお願いします!高校卒業後は会計の専門学校に行っていました。
勉強への意欲はあったのですが、学校の勉強というよりも自分の興味のある分野の知識を深める事に貪欲でした。学校の近くの図書館で自分の興味のある分野の本を読み漁る、というような生活をしていました。

本から学べた事の中で一番大きかったのは物事の捉え方、考え方です。私は何事も分析して考える性格で、それがこの仕事には活きていると思うのですが、この分析思考も読書によって身に着けたものです。
特に「7つの習慣」という本は学生の方におすすめしたい一冊です。
業務をする上で、分析シートを作成すること、何事においても即断、即決すること、こういった自分の思考回路の源泉にはこの一冊があります。
就活をする上でもこの考え方を持ってやるかやらないかで、人生が大きく変わると思います。

「7つの習慣」(1989年 スティーブン・R・コヴィー)

ー就職活動期はどんなふうに過ごしていましたか?
もともとは会計士や税理士を目指していたのですが、他にもいろんな事に興味がありました。ファッション、美容系など華やかな世界に特に興味があり、美容系のベンチャー会社にインターンとして半年間在籍し、経理とウェブマーケティングをしていました。

ー半年もインターンに行くとは、あまり多くの学生がしている事ではないと思いますが、入学時から就活を意識していたのですか?
2年制の学校だったので1年生の夏に就活を始めていたのですが、4年制大学の学生であっても、1年生からインターンなど、何でもいいので社会に触れる機会を持つべきだと思います。学生のうちから将来やりたいことが明確にある人なんてほんの一握りです。とりあえず興味がある物を扱っているから、仲のいい先輩がいる会社だから、などどんな入り口でもいいので、早いうちから社会を少しでも経験する事で実際の進路選びがすごく充実すると思います。

ーGLIONグループを知ったきっかけは何だったのでしょうか?
インターン時にウェブマーケティングに携わった経験と、データ分析が好きなこともあり、マーケティング、経営企画、そして商品開発などを志望していました。
そんな時に経営企画室の求人情報を見つけ、応募したのがGLIONグループとの出会いです。
面接で話をするうちに、まずはグループの主軸である自動車を取り扱う会社で営業をして、後に経営企画へステップアップする方向でお話しを頂きました。自分としても、自動車業界のあり方や車が売れる仕組みについて知りたいと思い、まずは営業をということで現在在籍しているスズキ中兵庫販売株式会社に配属になりました。
最終的な入社の決め手は面談や採用面接を担当して下さった人事担当の方とのマッチングです。考え方や仕事への姿勢に共感することが出来ましたし、自分の考えもしっかりヒアリングして下さいました。グループ企業ですので人事の方とは別の会社に配属になるとはいえ、この人が勧めてくれる会社なら、と迷わず入社を決めました。

▲社員総会で新人賞を受賞された、2020年夏の橋本さん

ー入社から丸2年が経過し、お忙しい毎日だと思いますが、現在のお仕事内容についてお聞かせください!
日々の業務全般はお店全体の仕事と、営業の仕事の大きく2つに分けられます。お店の業務としては、店舗にある中古車のリストを窓に掲載することや店舗の飾り付け、掃除、店舗のHPや公式LINEからの情報発信があります。
営業の仕事では、お客様のご来店予定があれば洗車をしたり先に見積を出しておいたりといったお客様のご来店の準備に始まり、ご来店されたお客様の対応、商談に入ります。
商談終わりは必ずアルコール消毒や椅子の並びをチェックし、店舗をいつも綺麗な状態に整えます。
また窓に掲載している中古車情報に既に売れた車が残っていれば、自分の分だけではなく他の人の販売分もアップデートできるよう心掛けています。気配りや周囲を見渡して「気づいて動く」力は学生時代していたスターバックスでのアルバイト経験で養えたと感じています。

ー予定はどうやって管理しているのでしょうか?
週と日でTo Doリストを管理し、今週中にやるべきこと、今日必ずすべきことを見落とさないようにしています。自分の担当したお客様お一人おひとりが今どういった状態か、前にお話しした時の内容などをメモに残しており、些細なことでも覚えておけるようにしているので、そちらも同時に確認しています。
自分で日報に記録を残して振り返るのはもちろんですが、1年目の頃は店舗からの帰りの電車でその日の同期の日報を全員分読んでいました。他の会社に配属された同期がもうこんな仕事をしているんだ、商談の準備にはこんなことをしているのか、といった気づきがあり面白いです。また、同じ店舗の先輩の日報を見れば、このタイミングで手伝えるな、これについて聞きたいからこのタイミングで声を掛けてみよう、と考えて効率的に動く事ができると思います。

橋本さんの1日

8:30 出社
まず日報とタスク管理のアプリをチェックし、その日のスケジュールとタスクに抜けがないか確認します。
その他、店舗にメールや問い合わせが入っていないかもチェックしています。

9:00 朝礼、掃除 
全体で朝礼の後、営業の朝礼にも参加します。全営業担当の動きを把握し、担当しているイベントや企画の情報を共有します。

 

9:30   午前中に事務作業
お客様のご来店予約がない日の午前中は事務処理に充てています。
店舗のHPや公式LINEでアップする内容を作成し、展開します。

 

13:00 お客様ご来店の準備
商談前には必ず洗車をし、掃除機も前日までにはかけておきます。

 

14:00 ご来店
ご来店から1時間~2時間 
商談自体は大体1時間程度の事が多いですが、その後口コミや公式LINE追加のお願いなど、トータルで2時間程度かかります。

16:00 
商談終わり
オンライン4媒体に中古車情報を掲載しており、成約となった車に問い合わせが入らないよう、まずはネット掲載を取り下げます。その後実際の車に付けているプライス札を成約札に変え、点検の予約や部品の発注など、商談が決まればその日のうちに完了させます。
忙しい日だと1日に3件ほど商談に入ったりもするのですが、即対応は欠かさないようにしています。

17:30   
日報の作成
その日のタスクやゴールイメージを達成する事出来ているか、振り返りながら日報を書きます。ご来店やお電話でお話ししたお客様についての情報も、次回お会いする際に振り返ることが出来るよう忘れずアップデートします。
次回出勤日の予定とすべきことを確認し、ゴールイメージまで思い描いて日報に記入したら退勤します。
帰り道は先輩、同期、後輩の日報を読んだり、情報収集したりする時間に充てています。

ーお仕事の中で日頃心掛けている事は何でしょうか?
やると決めたらできるまで考えてやり続ける事です。
出来ない理由を考えるのではなく、どうすれば実現できるのか、あらゆる「打つ手」に常に思考をめぐらせ、行動を止めない事を心掛けています。
そのために日々の日報や分析シートでの目標設定や振り返りは徹底しています。
また、経営企画として会社の経営により近い所で仕事がしたいというビジョンは変わっていません。今でも困難にぶつかった時、それを出来ない理由にするのではなく、改善策や、より良い方向に動かす方法を常に考えていますし、今後もっと大きな規模で業務改善・効率化に取り組みたいと思っています。

ーそれでは最後に、学生の方に向け、このGLIONグループについて教えてください。まず、GLIONグループはずばり、どんな会社ですか?
やりたいと手を挙げる人にチャンスが降ってくる会社です。自分の置かれた場所で結果を出していることが前提ですが、そのうえでやりたいことや挑戦したいことを言えば上司も協力をしてくれます。また、最初のうちは漠然と目標を立てろと言われても難しいと思うのですが、その点GLIONグループには社員総会という優秀社員として表彰を受けられる式典が年に1回あり、新人賞など1年目対象の賞もあるので、大きな目標を持てることもいいところの一つです。

ーGLIONグループで活躍しているのはどんな人ですか?
まずは前を向いている人。同期でも常に前を向き進み続けている人は特に結果を出しているな、と思います。同期同士ではライバル意識が邪魔して仕事について話せない、そんな人も中にはいると思うのですが、私の同期には失敗・成功事例や日報の書き方など率直に聞いてきて、話し合えるような人もいます。先輩だけでなく同期にも聞くという、学ぶ姿勢が半端じゃないなと感じますね(笑)でも実際に、そんな人が結果を伸ばしています。
自分がしたい事はなんなのか、いつまでに、どういうプランで実現させるのか。それを自分の中で明確にできる人、人から学ぶ素直な姿勢を失わない人が、常に成長を続けられるのだと思います。

ー最後に、学生の方へメッセージをお願いします!
就活中の方はもちろん、まだ先の事だと思っている方にも、とにかく自己分析は徹底的にすることをおすすめします。
自分が何に興味があるのか、将来どうなりたいのかなど、潜在的に考えている事が見えてきたりします。
これは就活中だけではなく、社会に出た後も役立つと思います。常に意識を高く持ち続ける事は簡単ではないです。私も気分が上がっている時もあれば、落ちてしまう事も当然あります。自分が熱意を持って取り組めることや、仕事のモチベーションは何なのかを知る事で、気分が落ちてしまったときの自分の扱い方がわかり、コントロールできるようになります。
また、私は入社前から今も本からの学びはすごく大切にしています、
営業をしたい方に特におすすめしたいのが、青木毅さん著の『質問型営業』シリーズです。入社前に読んだ本なのですが、質問内容を置かれた状況に当てはめていき、お客様の心理状況をどんどんクリアしていくことで成功に結び付ける、という内容です。
普段読書をしない人にも読みやすく書かれていると思いますし、私も今でもバイブルにしていて、間違いなく役に立つと思うので是非読んでみて欲しいです。

 

「質問型営業」シリーズ(青木  毅)

今後GLIONグループに入社してくる方には、目標を持って入社してきて欲しいと思います。お手本にできる先輩を見つけて、何でも吸収してください。入りたてのタイミングは、一番有利な時期でもあります。失敗してもいくらでもリカバリーできるので、若さを武器にどんどんチャレンジして全力で失敗してください!同じ失敗を繰り返すのは良くないですが、進化した結果での失敗は恐れることはありません。失敗を繰り返し、それを真摯に受け止め「どうすれば上手くいくのか」考えるからこそ、成功そして成長があると思います。

GLIONグループ採用情報はこちら

InstagramTwitter  フォローもぜひお願いします!!

 

1+

OTHERS関連企業/ブランド