国宝 迎賓館赤坂離宮で魅せるYUMI KATSURA Collection

BEYOND EAST&WEST

~日本の伝統工芸技術の革新と創造を世界へ~


2018-2-20(Tue)
国宝である迎賓館赤坂離宮にて2018 YUMI KATSURA Collection『BEYOND EAST&WEST』が開催されました。今回会場となった迎賓館赤坂離宮は、世界各国からの賓客を迎える特別な場所ー。豪華絢爛なこの場所でのファッションショーの開催は今回が初。後の桂 由美先生のコメント内にもありますが、40年前に初めて迎賓館赤坂離宮を見た時から会場の魅力にひかれ、『いつかここでショーをやってみたい』と思われていたそうです。

===================================================
■迎賓館赤坂離宮について
迎賓館赤坂離宮は、明治42年(1909)、かつて紀州徳川家の江戸中屋敷があった敷地の一部に東宮御所として建設されたもので、当時の日本の一流建築家や美術工芸家が総力を挙げて建設した日本における唯一のネオ・バロック様式の西洋風宮殿建築です。戦後、日本が国際社会へ復帰し、国際関係が緊密化してゆく中で外国の賓客を迎えることが多くなった為、昭和49年(1974)に改修し、迎賓館として開館しました。
===================================================

今回、新作のウェディングドレスや和装はもちろんのこと、パリコレでも称賛を浴びた葛飾北斎の絵画をモチーフにした作品がお披露目されました。

ショーのタイトルにもある様に『BEYOND EAST&WEST(東洋と西洋を超えて)』をテーマにしており、伝統と革新の両立をモットーに、日本の伝統技術や文化の継承にこだわる桂 由美先生の想いが表現された作品となりました。YUMI KATSURAの世界観と迎賓館赤坂離宮の空間が造り出した夢の様な”ひととき”。ため息が出るほど美しい作品の数々に会場は終始感動に包まれていました。

また、ショーの会場とは別の彩鸞の間では、作品の展示も行いました。

 


桂由美先生よりコメントが発表されました


私がブライダルファッションデザイナーになったのは1964年です。40年前の1978年に、初めて迎賓館を見せてもらう機会があり、何時かはここでショーをやってみたいと思っていましたが、やっとその念願が叶いました。1964年来、毎年開催している東京でのコレクションは今回で53目となりました。53年間、一貫して婚礼衣装の和と洋の両立を目指してきましたが、今回は和と洋を超えた別世界を作り、同じように、和洋の文化や技術を駆使して建設された迎賓館赤坂離宮から世界に発信したいと思ってデザインしました。現在、世界は日本ブームで、「ジャポニズム」が注目されています。これを一過性のものではなく、日本の文化を世界へ発信していくことこそ、われわれ日本人デザイナーのやるべきことと考えています。今回のショーは私事ではなく、日本人デザイナーの使命として取り組みました。皆様のご理解・ご支援・ご協力を心よりお願い申し上げます。

 

 

多くのメディアにも注目されております


当日の様子はYUMI KATSURAのHPにもUPされており、その他たくさんのメディアに取り上げられております!是非ご覧くださいませ。
YUMI KATSURA HP→ http://www.yumikatsura.com/report/4463
Yahoo!NEWS→ https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180220-00000018-wwdjapan-ent

強い想いと共に様々な取り組みにチャレンジされる桂 由美先生。そんなバイタリティ溢れる桂 由美先生のご活躍、今後の作品も楽しみですね!

 

OTHERS関連企業/ブランド