≪BMW販売台数日本一≫トップセールスマンに聞く!トップを走り続けられる理由とは!?

株式会社モトーレン阪神 BMW Premium Selection西宮 営業 三浦知晃


輸入車ディーラーでは毎年1月~2月にかけて前年の販売台数などの成績が発表されます。ビーエムダブリュージャパンより先日正式に発表があり、GLIONグループより株式会社モトーレン阪神中古車部の営業 三浦知晃が2年連続で販売台数日本一を獲得。

 

トップを走り続けられる理由に迫ります。


ーまずは、2年連続日本一おめでとうございます!!素晴らしいですね。
三浦
 ありがとうございます!!めちゃくちゃ嬉しいです!!

ー2年連続1位になる自信はありましたか?
三浦
 はい。ありました!!絶対獲ってやる!という思いは誰にも負けてなかったので、その思いが自信となっていましたね。

ーズバリ、1位達成の秘訣って何かありますか?
三浦
 毎月、”誰にも一台でも負けたくない”という強い気持ちですね。この気持ちを切らさず毎日取り組んだ結果が2年連続1位に繋がったと思います。

ーなるほど。強い気持ちを持ち続けるのってそう簡単なことではないですよね。
三浦
 そうですね。ただそこは、自分の強みだと思ってます!大学で野球部だったのですが、皆すごくレベルが高くて入学したての頃は圧倒されていました。部員160人の中の下の方にいることが悔しくて這い上がりました。その経験から自分へのやればできるという自信と諦めない気持ちを強く持てる様になりましたね。

ー野球を通して精神も鍛えられたのですね。とはいっても、1年を通して思うようにいかない時期もあると思いますが、そのような時はどのようにして乗り越えられるのですか?
三浦
 寝る前に反省して、切り替える様にして、常にプラス思考で突き進む。これに尽きます!切り替えが本当に大事ですね。

ープラス思考! GLIONイズムには欠かせないです。ご自身の接客スタイルに拘りはありますか?
三浦
 車の話を中心に話をするのではなく、自分自身を売り込む事を意識しています。お客様に自分自身を知って頂き、信頼していただくことを心掛けています。なので、仲良くなって契約頂いた後に”今日買うつもりなかったのに!”と言われることも多いですね。


ー買うつもりでなかったのに買っていただけるって正にプロですね。中途採用で入社されたと伺いましたが前職でも車関係のお仕事をされていたんですか?
三浦
 いえ。全然違います!実は、銀行実業団で社会人野球をしていました。学生時代から野球一本で生きてきたんです。

ーそうなんですね!!それがなぜモトーレン阪神入社となったのですか?
三浦
 BMWへの単なる憧れからでした。右肘を手術して、野球が思い通りにできなくなった事がきっかけで、仕事も面白くなくなり今後どうしよう・・・と考えていた時に”BMW乗りたいな””入社したらBMW買えるかな”と思って受けました。本当に単純な理由でしたね。


ー好きなもの、憧れのものに囲まれて仕事できる事は幸せなことですよね。転職がきっかけで全国NO.1という栄光を勝ち取ったわけですね!参考にしている方や尊敬できる先輩はいますか?
三浦
 私が所属している店舗の清水店長です。清水店長は、営業マン時代に自分と同じく中古車販売台数日本一を取られ、その後に店長になられた方です。自分のことよりもスタッフのことを考えて行動する所、クレームが発生しても必ず一緒に全力で解決に向けてサポートして頂ける所、常に前向きでプラス思考な所、スタッフ全員から信頼・頼りにされている所など尊敬すべきことがたくさんです。自分も清水店長の様になりたいと思っています。

ー素敵な上司に恵まれていますね。清水店長は昨年の総会でも部下からの圧倒的な投票数で表彰されていたことも記憶に新しいです。好成績が出せるのは、店長の影響はもちろんのこと、スタッフとの関係、店舗の環境も影響しているのではないでしょうか?
三浦
 そうですね。それが一番の勝因だと思います。スタッフ全員仲が良く、明るく楽しみながら毎日仕事を行えています。仲が良くても仲良しクラブではなく後輩は、”先輩を抜くぞ!” 先輩は、”後輩に絶対に負けてはいけない” という雰囲気作りができていると思いますね。

ー素晴らしいチームに支えられていますね!それでは最後に、今後の目標を教えてください。
三浦
 3年連続BMW販売台数日本一です!!!絶対獲ります!!!

まずは楽しむこと、ご自身の強い精神力、そして何より周りの素晴らしいサポートがあってこそトップを走り続けられるのですね。さらなる目標に向かって既に走り出している三浦SC。今年もきっとたくさんのお客様にBMWの楽しさを伝えていくことでしょう。

OTHERS関連企業/ブランド