2019年ディーラー表彰結果! グローバルアワードと社長賞を5年連続受賞はじめ多数受賞の快挙!!

▲2019年度ディーラーアワードにおいて受賞した数々の賞状など

 

2019年ディーラーアワード情報が続々と集まってきております。

今回は奈良日産自動車をご紹介します。

 

2019年度 ディーラー表彰

2019年度 日産グローバルアワード(5年連続)

社長賞 全国1位(5年連続)および特別社長賞

店舗表彰  橿原東店

 アフターセールスアワード

 

▲5年連続受賞 歴代の楯と賞状

 

全世界の日産ディーラーの中で特に販売台数・売上ともに優秀、かつお客様対応の品質が高い販社へ贈られるこのNISSAN Global Award。
5年連続受賞の快挙を達成し、日産自動車からのインタビューに答える大賀社長のコメントをご紹介します。

社長賞を獲得した喜びのコメントを

この度、グローバルアワード並びに社長賞を5年連続で受賞することが叶い、同時にアフターセールス賞を3回連続受賞と大変うれしく思います。店舗表彰では中規模店グループで弊社の橿原東店が入賞となり、これも全社一丸となってグローバルアワード受賞を目指し、それぞれの分野で頑張っていただいた結果が実ったということであると思います。本当にありがとうございます。

また、関係各社の皆さまからの多大なるお力添えあっての受賞となりましたこと、心より感謝申し上げます。本当にありがとうございます。

▲特別社長賞と社長賞の金杯・銀杯

2019年度、特に力を入れて取り組んだことは

メーカー様との契約台数を達成させるにあたり、前年実績と契約台数の乖離が大きく、販売力の強化に取り組みました。CAの活動の量と質の強化、商談においては店長のレビュー・プレビューを強化して、細かな指示を徹底。また、紹介を狙った既納先へのアンバサダー活動、取引業者様との関係強化に注力いたしました。

リーフの販売においては、各店のリーフマイスターが毎月集まる会議において、リーフを販売するためにみんなで知恵を出し合い「知ってもらう、乗ってもらう、買ってもらう」を実践し、拡販に繋げていただきました。

▲優秀店舗表彰を受賞した橿原東店の皆さま

自社の誇れるところは

お客様満足度調査におけるCSスコアが常に高い位置で安定していることです。
このスコアは、まぐれで瞬間的に跳ね上がることはあっても、取り組みを継続し続けなければ安定はしません。
当社もそんな歴史を歩みながらもCS日本一をスローガンに毎年の取り組み方針の柱として、CSミーティングやCSリーダー会議等に取り組んでおり、それが社員のCSマインドを醸成していると思います。
CSは今後も企業経営において重要な取り組みであり、売上はお客様の投票であると常に考え、お客様の支持なくして運営は成り立ちません。誰から見てもレベルの高さがわかるように今後も取り組みたいと思います。

▲優秀アフターセールス賞も連続受賞

今年度の抱負や目標

今年もグローバルアワードと社長賞の6年連続受賞を目指します。
新車においては昨年度と同様に契約台数達成を狙うべく、様々な角度から販売力の強化を狙います。また、1台あたりの周辺利益にも注力し、丁寧な販売に取り組みます。
サービス入庫が既納先へのグリップ力の指針と位置づけ、作戦ミーティングの質を上げることにより、新車台数増加とサービス単価アップを狙います。
お客様満足度調査においては、一昨年、昨年と全国4位であったことから、今年こそはCS日本一を目指します。

▲2019特別社長賞および社長賞の賞状

新型コロナ禍の中で意識的に取り組んでいること

まずは感染リスクのある中で店舗運営、お客様対応をしてくれてるスタッフ全員への感謝を伝えております。
具体的な取り組みではお客様ならびに従業員への感染を防止するため、入り口へのアルコール除菌剤の設置。ショールームにおける椅子やテーブル間隔を広げるなどの対策もしております。また使用後はアルコールに夜除菌も徹底し、お客様対応時のマスク着用は言うまでもありませんが、商談テーブルにおける飛沫感染防止シールドも準備しております。
お客様対応においては、今こそ既納先のお客様との絆を深めることを目指して架電を実施。
お店では次亜塩素酸水を60mlづつ容器に入れ、必要なお客様へはお立ちよりいただき、感染予防にお役立ていただけるようお渡しもしております。
我々の業界においても、人々の行動や価値観が大きく変化すると思われます。
マイカーが安全な移動手段であることを訴求し、お客様の価値観の違いをいち早く捉え、我々も常に進化してまいります。
商談においても昭和スタイルから令和スタイルへの移行、デジタル化を駆使して新しいスタイルを目指してまいります。
最後になりますが、本当に多くの皆さまからのご指導ご鞭撻あっての受賞と心より深くお礼申し上げます。
この度の受賞に恥じぬよう今後も日産ファンを増やし、電動化・自動化を世に広め、事故のない世の中、排出ガスゼロの世の中を目指し取り組んでまいります。

本当にありがとうございました。

 

0

OTHERS関連企業/ブランド