G-MIND AWARDS 2020 直前企画 | 昨年度受賞者インタビュー特集 Vol.05

昨年7月、歴史と伝統に彩られたラグジュアリーホテル「The Rits Carlton Osaka(=大阪市北区)」でG-MIND AWARDS 2019は開催されました。

同アワードでBEST RECEPTIONISTを受賞されたオートカヴァリーノの江平さんにグループ広報部がインタビューを行いました。

(インタビューは緊急事態宣言発出以前に実施したものです)

 

▲当日のインタビューの様子
撮影:川口文昭、インタビュアー:池田佳代、場所提供:オートカヴァリーノ

江平 久美子(えひら くみこ)/  株式会社オートカヴァリーノ レセプショニスト

※輸入車ディーラーでの受付や結婚式の司会などの仕事を経て2018年にオートカヴァリーノに入社。
女性ならではの目線と、常に前向きな姿勢でチームをサポート。
入社して半年後の台風被害の際にも、スタッフが一致団結して復興に取り組み、昨年リニューアルオープンを果たす。
今年度からはExperience Managerという新しいポジションに挑戦する。

 

《江平さんに聞く、7つの質問》

Q = 入社年月日を教えて下さい 

2018年3月1日です。それまでは、輸入車ディーラーの受付や、結婚式・イベントの司会やMCの仕事をしておりました。

 


Q = 入社のきっかけ(機会)を教えて下さい

前職の事務所に所属しておりました時に、派遣としてオートカヴァリーノへ来ていました。
その際に、「是非当社の社員に」とお声かけいただきました。

 


Q = (当時のイメージと)現在のGLIONグループのイメージ

最初はショールームの赤が印象的で、こんなキラキラした世界に自分が存在できるという嬉しさとともに緊張感と責任感を自覚しました。入社後にグループの大きさを知り、自分がこのグループの一員であることに誇りを持ち、またフェラーリを扱ってるのはこの店舗だけですので、期待を背負っていることを実感しました。
今は、女性にもたくさんのチャンスを与えてくれるグループであることに感謝しています。受賞以来、マセラティ神戸で3周年記念パーティーやクリスマスパーティーの司会を依頼されたり、自分の強みを活かせる、成長につながる機会を持てることが本当にうれしいです。

▲マセラティ神戸3周年記念パーティーにて

 


Q = (入社してから仕事上での)最大の困難 

困難というのとは違いますが、今が正念場だと思っています。
今期から各店舗レセプションの業務を退きxperience Managerを担当させていただくことになりました。
新しいことへの挑戦は、期待と同時に不安もありますが、やりがいにもつながります。
すべては、無事リニューアルオープンができた今だから可能なのだと感謝しています。

Experience Managerとは具体的にどのような業務内容でしょう。

一言でいえば、マーケティングに特化した業務になります。イベント企画やCS向上のためのフォローなどをしていきます。全くの未経験なので不安だらけですが、このブランドならではのモータースピリッツやフェラーリの世界観を素敵な笑顔と共に伝えられるようになっていきたいです。すべては自分の成長につながると考え、前向きに果敢に取り組んでいきます。

ー入社半年後の台風被害は本当に大変だったと思いますが、どんな思いで復旧に向けて取り組んでおられましたか?

当時は大変という一言では説明できないほどの状況でした。
残暑のなか、残骸と悪臭に埋もれ、終わりの見えない果てしない作業でした。
みんなが頑張っていることを自分のモチベーションにして取り組んでいましたが、それでもくたくたになってしまった時、ふと横を見ると後輩が笑顔で頑張っている姿があり、また頑張ろうと思いました。
森安GMが来られたことで、疲労困憊のあまりに忘れかけていた「お客様に期待を上回る感動をお届けする」ため、お客様の信頼を得られるようスタッフがまた一つにまとまることができ、リニューアルオープンにたどり着くことができました。

 


Q = チームの紹介 ※部署、会社などチーム力が伝わる内容をお願いします 

全国で9店舗しかないフェラーリですが、その中でもお客様満足を第一に掲げ、さらなる飛躍のために常に組織として改革をし、個々の特性を活かした職務でその能力を最大限に発揮させることのできる力強いチームであると感じます。
今後さらに一丸となって国内のディーラー1位を目指し邁進中です。
今は一つのことを全員がお客様のほうを向いて頑張っています。水害でレース用車輛が動かなくなってしまったのですが、営業時間後にメカニックの皆さんが修理に取り組み、先日エンジンがかかった時には、みんなの思いが一つになったことが実感できました。
今後はモータースポーツ事業に一層注力していきたいと思っています。

 


Q = 座右の銘 ※なぜ、その言葉なのか教えてください

「意味付けと解釈で世界は変わる」
良くも悪くも自分に起こるすべての出来事は、自分がどう捉えどう解釈するかで人生が変わる、という意味です。一見悪いことのようでも、物事の本質を見極め、偏った見方をしない。マイナス思考になりがちな時も、解釈はその人の自由です。どう思うかで、その先は変わってくる。
自分がこの先行きたい方向、正しいと信じる方向に解釈をし、そこに向かって努力していく。
そうやって自分で切り拓いていくのだと思っています。
本から引用した言葉ですが、携帯電話のメモにいれて、常に自分に言い聞かせています。

 


Q = 入社当時を振り返ると

不安と期待でいっぱいになりながらも覚悟を決めて入社した日から2年間、台風被害も含め本当に色々なことがありました。
その中で、困ったとき、わからないときに教えてくださいと声を掛ければ全力で助けてくれる仲間がいました。
落ち込んでいたら励ましてくれる仲間、そしていつもフォローしてくれる後輩。何より、真剣に指導してくださり、時には私を成長させるために叱ってくださる上司の存在。
本当に今の自分があるのは周りの皆さまのおかげであると心から感謝しています。

 

 

ー今後の目標などあれば教えてください。

フェラーリは車のブランドではなく、ラグジュアリーブランドです。そのラグジュアリーブランドの歴史、車のことも語れるようになりたいです。
また、まだまだ失敗もしますし、その都度先輩や上司に助けられたり、心配して本気で叱ってくださることもあります。その恩を忘れず感謝の気持ちを持って更に進んでいかなければならないと強く思います。
この感謝の気持ちが成長の鍵となり、また力となってすべてが良い方向に進んでいくのだと思います。
今年度はあたらしいポジションに挑戦することも含め、覚悟を決めて立ち向かっていきます。
そうやって自分の限界を超えていく。まさに自分との闘いが始まります。

 

1+

OTHERS関連企業/ブランド