【大抜擢!】若き新社長誕生!生え抜きで成長し続けた軌跡と理念。

この度、大阪中央スズキ販売株式会社の社長に就任した、38歳の若きライオン、尾崎健太郎新社長に話をききました。

 

入社時に目標に定めたこと


ー入社してからの経歴を教えてください。

2004年の4月から12月までがクインオートの篠山本社、その後2005年の3月までハナテン亀岡店、そこからユーポス三田店で丸10年経った、翌11年目にそこで店長になりました。店長2年目の2015年から奈良日産も担当させていただき、2018年から国産車ディーラー事業部で経営企画室長として新たなフィールドに取り組んでいます。

ー株式会社クインオートに新卒入社以来、そこからGLIONグループ一筋に取り組んできた中で、この度「大阪中央スズキ販売株式会社」の社長に就任し、かつ、昨年の組織再編以降、国産車ディーラー事業部の経営企画室長としての役割もあり、そのあたりの自分自身の業務バランスをどのように考えていますか。

大阪中央スズキに関しては、自分がトップなので、全てにおいて当然ながら責任を持たなければならないわけです。一方、国産車ディーラー事業部に関しては、大賀本部長の下、いかにサポートできるかという部分に注力をしています。
業務に取り組む姿勢としては、昨年の組織再編で室長を任命された時点から何も変わっていません。

ー若い頃に既に人生設計をしていたということですが。

社会人になった時に当時いた店舗の店長から「営業に配属されたのだから、30歳で500だな」といわれたんです。つまり、30歳になった時に500万円の年収を稼ぐようになれと。
まだ新卒で社会人になったばかりの自分には、一向にピンと来ていなかったのですが、漠然と30歳になったら500万円稼げるようになろう。と思って、人生設計というよりは、それを一つの指針にしてきました。

ーそれは達成できたのでしょうか。

30歳といえば、結婚した翌年なのですが、その頃に目標の500万を越えることができました。そしてその翌々年にユーポス三田店の店長をさせていただくことになり、時を同じくして「いちか会」に呼んでいただけるようになりました。そこで、田畑代表はじめ幹部の皆様や顧問の皆様のご講話をお聴きする機会を得ることができたんです。その中で当社の顧問から「転機」についてのお話がありました。
それは「社会人になって最初の10年は会社に借りを作っている。次の10年でその借りを返す。その次の10年でその仕事を極めなさい」という内容でした。
そのお話がずっと脳裏にあって、ちょうど10年経ったときに店長として部下を持つことができたので、“部下を育てる”ことが借りを返すことなんだと感じました。今もなお「次の10年」の最中なので会社に借りを返すために部下を育てることに注力しています。そういう意味では次のタイミング、42歳になったときに、どう極められるか。また極めるとは、という部分を今からしっかりと考えていかなければならないと思っています。

 

仕事をする上で大切にしていること


ー仕事をする上で大切にしていることとは。

まじめ、であることですね。

ー自身にとっての「まじめ」とは?

ウソをつかないこと、でしょうか。2004年4月に入社して以来、そこを指針としてやってきました。
ライフプランは環境の変化などで変わっていくものですが、指針がしっかりとしていればぶれないと信じています。

ーこれまで、モチベーションをどのように維持してこられたのでしょう。

何につけても「自分のため」と思ったことは一度もありません。その大きな転機になったのはやはり結婚ですね。家族のために、が一番のモチベーションです。
独身のときには、もちろんたくさん給料が欲しいという思いもありましたが、その給料で両親や祖父母を食事に連れて行ったり、常に「誰かのために」という思いはありました。支えになるものがあれば、自分を奮い立たせることができます。

ー大阪中央スズキの今後の目標は。

入社して最初に配属されたのがクインオートの本社でした。そこからずっとクインオートでやってきて、会社の理念が沁みこんでいるんですね。常に物事を判断するときは社是やクレドを基にしています。WIN-WIN-WINになっているのか?コスト意識はどうか?などですね。そういう理念を伝え、会社のイメージするものを実現できる場所を与えていただいたと思っているので、無限の可能性を秘めていると感じています。
これまでの大阪中央スズキの持つ良い点を生かしつつ、そういった理念を浸透させていき、より上のレベルのフェーズを目指していきます。

 

若い人たちへ伝えたいこと


ー入社間もない若い人や、これからGLIONグループに入って上を目指そうという人に伝えたいこととは。

まずは、今の場所でしっかりと自分を確立させてください。その先に違った角度から見ることが出来る別のフィールドが準備されています。もちろん、楽ではありません。身体的にも精神的にもしんどいですが、歯を食いしばって挑戦し続けていれば、次が必ず見えてきます。
そして、5年目でも10年目でもいいので、グループ内の他の店舗を見てほしいと思います。通常であれば、転職しないと出来ないことがGLIONグループにいれば体験することができます。振り返って見たとき、「違い」を見ることが出来たことがかなり自分の成長のために役立ったと思います。
GLIONグループにしか出来ないことを体験し、是非大きく成長して欲しいと思います。

 

大賀国産ディーラー事業部本部長のコメント


ーこの度の抜擢人事に至った経緯、その理由とは。

現在、グループでは次世代リーダーの選出に力を入れています、この度の尾崎社長就任ににおきましては前役員退任(介護で引越しされた)のタイミングにおいて、役員を選出する際に菊地社長より提案されました。尾崎室長とは4年一緒に仕事をしておりますが、当初、私が奈良日産に着任して間もないタイミングで多大な協力をしてもらいました。
65年の歴史ある会社に新しい取組みを導入する苦労を経験し、苦しい時や悲しい時も逃げる事なくチャレンジをしつづけ、店舗に直接入ってのオペレーションでは3店舗を渡り歩き、昨年度からは大阪中央スズキの営業責任者、国産事業室長に就任、お願いした事は常に気持ちよく引き受けて 積極的に取り組んでくれ、彼の存在無しには今の国産事業部での私は存在していないと常に感謝しています。又 いつも責任者や担当を選任する機会には、積極的に自ら手を挙げて苦労を買ってでもする姿勢で、成長意欲、向上心は素晴らしい事だと感じております。そのような日頃の姿勢が今回の抜擢人事に至った経緯となり、自ら獲得したポジションではないでしょうか。
もちろん、私も大賛成でプッシュいたしました。この度の尾崎社長の就任は、日頃 自分と一緒に仕事をしている方達の中から経営者であったり社長へと抜擢されたこととして、自分ごと以上に本当に嬉しく思います。

 

ーこの度、大阪中央スズキ販売株式会社の社長に就任された、尾崎社長へ期待する事とは。

過去の経緯が色々とある中でスタッフの皆様が一つの方向に向かい112ではなく、3720になるような組織を構築して欲しいと思います。
様々な困難やアクシデントに見舞われても、今までの様に逃げずに立ち向かい、社員の皆様の成長を目指し、収益はもちろんですが、一人でも多くの幹部を育成する事が経営者としての評価でもあり、大阪中央スズキの成長にも繋がります。
現在、大阪中央スズキは1店舗での運営となっていますが、人材を育成し新たな出店を期待します。
又、全国のスズキ販売会社の中で、さすがはGLIONグループだね、と言われるポジションの確立、そして 国産事業部を盛り上げるべく、グループの中の模範となる事を期待します。
最後に、私自身も常に自分に言い聞かせていますが、常に謙虚に 周りの仲間に配慮し、一人で出せる成果ではなく、チームで出せる大きな成果を目指し 邁進して参りましょう!

0

OTHERS関連企業/ブランド