LEON the Night Club 2018がGLION MUSEUMで開催されました

オトナの男性ファッション誌の代名詞でもある「LEON」。そんなLEONが主催する「LEON PARTY」の会場になんと!GLION MUSEUMが選ばれ、12月14日(金)に盛大に開催されました!
「LEON PARTY」は、日ごろの感謝の気持ちを読者へお伝えする為に毎年開催されている大イベントだそうです。GLIONグループ広報部から当日の華やかなイベントの様子を皆様にレポートいたします。いつもと違うGLION MUSEUMをご覧ください。
1

1

1

今年のテーマは「Night Club」!


さすがはLEON主催のイベント。

「LEON PARTY」は毎年様々な趣向を凝らした演出で開催されているそうで、今年は「LEON The Night Club 2018」と題し、1930年代のニューヨークを舞台にしたギャング映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』の世界観を表現し、男性はキメのスーツスタイル、女性はキメのドレススタイルがテーマでした。

大人のための一夜限りの“シークレットクラブ”へ変貌を遂げたGLION MUSEUMよりレポートをお届けいたします!!

 

LEON the Night Club 2018がGLION MUSEUMで開催されました

 

煌びやかなファッションに身を包んだゲストの方々が続々と集まってきました。見どころ満載の協賛企業のブースも用意されており、メインステージまでの間もお楽しみ頂けるような飽きのこないおもてなしの工夫が凝らされておりました。

ちなみに協賛企業はドン・ペリニヨン、ウブロ、ジャガー、プルーム・テック、タトラスといった錚々たる企業です。

 

 

 

 

しばらくすると突然のポリスに扮したモデル達が会場に乱入!パンツェッタ・ジローラモ氏が登場!


しばらくすると突然のポリスに扮したモデル達が会場に乱入!パンツェッタ・ジローラモ氏が登場!

禁酒法時代のアメリカンギャングスターの世界に突如現れたポリス達が現場検証用の立ち入り禁止テープで会場内を囲い、場内が騒然としたところで、いよいよメイン・ゲストが!?

GLION MUSEUMが誇るイケメンイベンター、新卒2年目のナイザティがドライブするクラシック・ジャガーに乗車し、ギャングスターに扮する、Mr.LEONであるモデル パンツェッタ・ジローラモ氏 と LEON編集長 石井洋氏がポリス達を退散させながら登場!

 

クールな登場演出に、大歓声が上がりました。

乾杯の挨拶をはじめ、現編集長、元編集長、ジローラモ氏でのトークショーも行われました。

 

ジローラモ氏の他にも、森友嵐士氏(T-BOLAN)、中村あゆみ氏の豪華アーティストが登場。GLION MUSEUMでのスペシャルライブに会場は大盛り上がり!!

そして最後には皆様お楽しみの抽選会も開催され、協賛ブランドの豪華景品が当選者に手渡されました。

美味しい料理を食べて、素敵な歌を聞いて、華やかな写真を撮影してと、来場者の皆様にとって、とても充実した夜になったのではないでしょうか。

このPARTYの模様は、LEONのオフィシャルWebメディア「LEON.jp」にも掲載されております。是非チェックしてみてくださいね! URLはこちら→ https://www.leon.jp/events/10412

 

 

 

『LEON the Night Club 2018』、いかがでしたか?


赤レンガ倉庫GLION MUSEUMはクラシックカーが並ぶだけでなく、最近ではこうしたレンタルスペースとして活用いただく機会が増えてきました。

GLIONグループの広告塔であるGLION MUSEUM。

唯一無二のロケーションを活かして、これからも様々なイベントや情報の発信の場としてたくさんの方に知っていただきたいですね!以上、広報部レポートでした。

     

OTHERS関連企業/ブランド