≪次世代のリーダーは誰だ!?≫ ジーライオングループ社内研修に若きライオンが集結!

ジーライオングループは現在約80社のグループ会社を運営し、従業員数は約4000人という企業規模を誇っており、社員の成長のために様々な研修や勉強会が行われています。店舗内で上を目指すだけでなく、業種、職種をまたいで活躍する道も大きく開かれているのが、約80社を運営するジーライオングループで働くメリットだとも言えます。

今回は、ジーライオングループの次世代を担う若きライオンを集めた全3回の社内研修プログラムに人事本部が密着!それでは、ジーライオングループ神戸本社で開催された『第1回次世代リーダー研修』の様子をご覧ください♪

 

グループの未来を背負う30人の若きライオンが集結!!


去る10月25日、次世代リーダー研修にはグループ会社から厳選された30名の社員が一同に集まりました。本研修の育成プログラムの目的は“次世代のマネージャーとなるべく人材の育成”。参加した社員に、人財育成マネジメントとリーダーシップを兼ね備えたリーダーになってもらうことをゴールとしています!

冒頭ではジーライオングループ人事本部長の鞍野より、次世代リーダーに任命された社員の皆さんに熱いメッセージが贈られました。

今回この研修の発足者でもある人事本部長鞍野。30名の社員を前に気合が入ります。

▼人事本部長 鞍野の関連記事はこちら▼
若干31歳。従業員数約4000名のグループをまとめる人事本部長 今後のGLIONを担う人材とは?

 

 

参加型のプログラムで確実にパワーアップできる研修


基本的に研修はワークショップ形式の参加型プログラムで、同テーブルのチームメイトと多くコミュニケーションを取ることができるのがジーライオングループの研修の良いところでもあります。

第一回のこの日は“仕事とキャリア”といった内容を中心にプログラムが進められました。各自が事前に回答したモチベーションサーベイを基に自分自身や個社の課題を提示。チームメイトの意見を聞くことで、今まで思いつかなかったような新たな発見や気づきも多く見受けられた様子でした!

モチベーションサーベイ(従業員満足度調査)…従業員の仕事や組織への満足度を調査することで、「今の組織はどんな状態か」、「課題や問題点はなにか」を明確にするためのツール

時間を区切り、正面に座るメンバーやその他メンバーと積極的に議論し、意見を吸収します。

チームで話し合った内容は挙手制で発表。“自ら手を挙げる”ことは、ジーライオングループが大切にしている行動指針のひとつです。

最後は各自“個社に戻り早速取り組む課題”を設定。「今回の研修で次世代を担う人材としての自覚が芽生えた」などとモチベーションUPの声が多くあり、研修は素晴らしい時間となりました♪全3回の本研修を通じ、参加社員のモチベーションがどう変化するのか楽しみですね!最終回の研修後には、次世代リーダーを直撃してみようと思います。

以上、人事本部レポートでした!

 


ジーライオングループ新卒採用情報はこちら

ジーライオングループ中途採用情報はこちら
▼ジーライオングループ Wantedly もチェック♪▼
https://www.wantedly.com/companies/glion

OTHERS関連企業/ブランド