スポーツ一筋な学生がジーライオングループを選んだ理由とは~内定者インタビューVol.2~

2018年度の採用活動も順調に進み、春から共に働くたくさんの仲間が集まりました。本企画では、人事本部の新卒採用担当が、来年度2019年4月からGLIONグループで社会人生活をスタートさせる期待のルーキーを直撃!「なぜジーライオングループに入社を決めたのか?」「どんな夢を抱いているのか?」など、今の率直な想いを聞いてみました。
第二弾となる今回は、神戸学院大学 体育会アメリカンフットボール部にて主将を務めている長沼晃平さん(2019年卒セールスコースにて内定)をご紹介します。

===Profile================
出身:兵庫県 姫路市
   神戸学院大学 在学中
部活:体育会アメリカンフットボール部
尊敬する人物:本田圭介
=======================

 

経験なし。ノリと勢いで始めたアメリカンフットボール


―現在、体育会アメリカンフットボール部でキャプテンとして活躍している長沼さんですが、学生生活はどのように過ごしていたのでしょうか?
長沼 ずっと部活しかしてこなかったので部活のことしか語れないのですが、実は大学では部活をするつもりはなかったんです。アメフトを始めたのも本当にたまたまでした(笑)。

―部活動に入るか入らないかで学生生活も大きく変わるかと思いますが、大学から新しいスポーツを始めて、しかもキャプテンだなんてビックリです。今まで経験したことのないことに挑戦することに抵抗はなかったのでしょうか?
長沼 スポーツがもともと好きで高校までずっと剣道をしていたのですが、アメフトをやっていた兄の影響で、大学入学当初にノリで参加したアメフト部の体験会をきっかけに入部することになりました。
僕自身大学でスポーツをするなら新しいスポーツをしたいと思っていたので抵抗感はなく、むしろワクワクした気持ちのほうが大きかったですね(笑)。

―ちなみに、経験したことのないスポーツの中でもアメフト部に入部を決めた理由は?
長沼 体験会で軽くボールに触れ、そのときにめちゃくちゃ楽しかったのでアメフトの面白さを感じたのも理由なのですが、一番の決め手は先輩たちの雰囲気の良さだったと思います。もちろんアメフトに対してはまじめなのですが、とにかくふざけている人たちばっかりで(笑)。体験会の時も笑いが尽きなくて、本当に楽しかったのでこの人たちと最後の学生生活を送れたらいいなと思いました。

 

 

何かに本気になるのに期間は関係ない。1回生から試合に負けると悔し泣きをした。


―先輩方の魅力に惹かれ、そこからアメフトにはまっていったということですね。いつ頃からアメフトに対する想いが強くなったのでしょう
長沼 1回生の初めてのリーグ戦、初戦で格上の相手である同志社に敗れたという経験が大きな分岐点だったと思います。アメフトを始めたばかりでまだアメフトのこともチームのこともあまり詳しくなかったのですが、チームで「打倒同志社!」と目標を掲げていたこともあり、負けたことがかなりのショックで。気がつくと、1回生で経験した初のリーグ戦にも関わらず、号泣していました。負けを経験することで、そこからよりアメフトやチームに対する思い入れも深くなりました。

―何かに本気になるには、時間や経験値は関係ないということですね。そこからどのような変化があったのでしょう
長沼 勝負へのこだわりやチームへの想いは強くなったものの、下級生のころはまだ「アメフトを楽しむ」という気持ちが強かったなと、今振り返ると感じます。もちろん今もその想いはずっと持ち続けていまずが、今年キャプテンというポジションに就いてからは今までになかった視点でチームを見るようになりました。

 

 

単純にアメフトが好きだった自分が、チームを率いる立場になって学んだこと


―キャプテンになったきっかけは?
長沼 これまで歴代のキャプテンのしんどさや大変さを見てきたので、キャプテンになるまでは、むしろやりたくないという気持ちの方が大きかったです(笑)。僕たちの代は話し合いでキャプテンを決めることになって。誰かに任せて中途半端な結果で終わるのは嫌だったので、それなら自分がキャプテンを務めて、納得のいく結果を出したいと思いました。バイスキャプテン(副主将)を立候補した仲間の「キャプテンはお前にやってほしい。しんどい部分は自分が全力でサポートするから」という大きな後押しもあって、挑戦を決意しました。

―先程、キャプテンになって考えが変わったという話でしたが、具体的にはどのような変化がありましたか?
長沼 周りから見てどれだけ変われているかは分かりませんが、それまでプレーヤーとして「自分がこうしたい」という自己中心的な考えがあったのですが、キャプテンになることで、“自分<チーム”という考えに変わりました。やはりキャプテンというのはチームを勝たせるということが最大の任務なので、試合はもちろん、練習などの普段の取り組みに関しても自分第一の考えというものはなくなりました。もちろん大変なことやしんどいこともありますが、チームのことで悩んだり迷ったときは一つ上のキャプテンだった先輩によく相談しています。引退した今でも親身に相談に乗ってくれるので、かなり心強いですね。

 

 

キャプテンとしてのマネジメントを経験。しんどい事こそ自分の背中で後輩に見せる


―キャプテンとしてマネジメントを行う上で大切にしていることはありますか?
長沼 自分が先輩だからといって、しんどいことやめんどくさいことを後輩に任せっきりにはしたくないと思っています。偉そうな指示をするよりも、僕たちがしんどいことを自ら率先するからこそ、後輩に与える影響や教えられることが多くあると思うので。もちろん指示する立場ではりますが、一番しんどいことは自らの行動で見せるという部分には気をつけて取り組んでいます。

―部活を通じて最近一番うれしかったエピソードは?
長沼 1回生の成長ぶりですね。毎年かなりきつい夏合宿を行うのですが、この数日間での新入部員たちの成長ぶりが著しいです。特に、僕と同じように大学からアメフトを始めた後輩の成長は本当に嬉しいです。現在二部リーグにいるのですが、先日開幕した最後のリーグ戦で一部に昇格して後輩たちにプレゼントしたいと思っています。そのために今はただ練習に取り組むのみですね。

 

 

会社選びの軸は「人」。ジーライオングループには自分の持っていないものを持っている人がたくさんいると思った


―部活動に夢中の学生生活だったと思いますが、就職に関してはどのように考えていましたか?
長沼 4回生の6月ごろから就活について考えるようになったのですが、働く会社は「人」で選ぼうと思っていました。理由は、アメフトを始めるきっかけも先輩たちの人柄が大きく影響していて、自分の中で「一緒に過ごす人」はかなり重要だと感じています。

―では、ジーライオングループを選んでいただいたきっかけも「人」だったのでしょうか?
長沼 そうですね。体育会学生限定の合説イベントで人事の方にお会いしてまず、親しみやすさを感じました。そして選考を進むに連れて様々な方にお会いしましたが、どの方もそれぞれの魅力があって、毎回かなり刺激を受けました。

―それは私たちも嬉しいです!選考中、思い出に残っていることはありますか?
長沼 まず役員面接で一発芸をさせられたことですね。かなりまじめな面接をガッツリした後に、一発芸は衝撃でした(笑)。

―毎回ではありませんが、GLIONグループでは学生さんに合わせて色んな質問(?)をさせていただいています。本田圭介選手のモノマネ披露してくださいましたね、そっくりでしたよ(笑)。
長沼 ありがとうございます(笑)。後は面接官からいただいたメッセージであったり、面接を通じて学ぶことが多くあったので、この会社で自分にないものを持っている社員さんやお客様から色んなことを吸収して、成長したいという想いが強くなりました。

 

 

学生生活で本気で打ち込むものに出会えるかで今後の人生は大きく変わる~次世代へのメッセージ~


―正直、自動車業界への就職についてはどう考えていましたか?
長沼 正直自分自身、車に関してあまり興味はなく、どちらかといえばバイクが好きなので、自動車業界自体に大きな魅力を感じてということはありません。ただ車を仕事にする自信はなぜかあり、抵抗感というものもありませんでした。簡単にいうとアメフトを始めた時のように、自分の中のフィーリングで「やれそうだ」とシンプルに感じました。なので、どこまでやれるのか今からワクワクしています。

―長沼さんの感じたフィーリング、ぜひ現実世界で実現させて下さいね!入社後の目標や夢はありますか?
長沼 1番は結果を残したいと思っているので、まずは社内営業成績トップという座を狙いたいです。その中で、自分の人間性でお客様に選んでいただける人材になりたいです。優秀な社員の方は多くいらっしゃるかと思いますが、自分磨きをしてお客様に選んでもらえるよう頑張ります!

―それでは最後に、これから就活を控えている学生の皆さんへメッセージをお願いします!
長沼 自論にはなってしまいますが、結局見られる部分というのは“人間性”だと思うので、学生生活を通じてどれだけの経験ができるかではないかと思っています。その経験を通じて関わった人やコトから得られるものが、自分自身の軸を自然と作り上げています。そうすると、これといった就活の対策をすることなく、ありのままの自分を強みに就活にも挑むことができると思います。なので、学生生活を通して学生時代にしかできないことを自ら経験しにいくということは僕からできるアドバイスですね。

―長沼さんらしいかっこいいメッセ―ジですね、ありがとうございます!来年の入社、楽しみにしています!

 


ジーライオングループ新卒採用情報はこちら
ジーライオングループ中途採用情報はこちら
▼ジーライオングループ Wantedly もチェック♪▼
https://www.wantedly.com/companies/glion

OTHERS関連企業/ブランド