~世の中にインパクトを与えたい~着実にキャリアステップを重ねる20代若手社員がGLIONグループに入社した理由とは?<人事本部インタビュー>

■株式会社クインオート 迎賓事業部 アシスタントディレクター 北村 隼也(きたむら じゅんや)

2015年新卒で入社し、大阪にある赤レンガ倉庫GLION MUSEUMに併設された「AKARENGA STEAK HOUSE」のサービススタッフに配属された北村。2017年9月からは同じくGLION MUSEUM内にある「CAFÉ1923」のマネージャーとなり、店舗の黒字化に成功。この4月から料飲事業部のアシスタントマネージャーとAKARENGA STEAK HOUSE・CAFÉ1923の統括マネージャーを兼任しています。今年7月に開催された優秀社員表彰式では迎賓・料飲部門 サービススタッフアワードでグランプリを獲得。入社して4年目に入り、まだまだその進化のスピードを緩める気配のない北村の「GLIONグループに入社した理由」「どんな仕事を任されてきたか」「将来の夢」などについて、人事本部 野原が聞いてみました。

 

いつかは経営者に。GLIONに入社を決めたワケ


本日はよろしくお願いいたします。北村さんは新卒入社ですが、GLIONグループを知ったきっかけは何でしたか?

就活している時は、もともと経営コンサルや人材コンサルの会社を探していました。あとは技術職ですね。ただ、一緒に就活をしていた友人が「車のディーラーを受けてみる」と言っていたことがきっかけで、自分も受けてみようと思い、調べて行きついたのがGLIONグループでした。ただ、本当に「おもしろそう」という感覚だけで説明会に申し込んだので、GLIONグループが自動車ディーラー以外にも事業をやっていることなんて知りませんでした(笑)。

そうだったんですね。コンサルと技術職…まったくジャンルが違うと思うのですが、どういったところに興味があったのでしょう?

僕の父が鈑金工場を経営しているんです。大きなアルミの鉄板をプレスしたり、曲げたりとかを僕も手伝い程度にはやっていたので、そういった技術的な仕事も楽しそうだなと思っていました。スーツを着るのが面倒だったというのも正直言ってあります(笑)。

今バッチリスーツを着て仕事をしているのが不思議です

では、コンサルに興味があったのは、お父様が自営で仕事をされていたからでしょうか。

そうです。なので、学生の時から独立願望はありました。具体的に何をやりたいかまでは決めていなかったのですが、コンサルをやると会社経営に携わることになるので独立するときに役立つのでは。と思っていて。

では、技術職やコンサルの仕事など選択肢があった中で、GLIONグループを選んだ理由は何ですか?

もともと車のディーラーの面接を受けるつもりで説明会に行ったのですが、ディーラーでの仕事とは別に「参謀本部コース」と「経営者育成コース」というのを見つけて。経営を学びたかったので「他の会社に行くより経営者育成コースにってしまえば早いかも」と感じて選択しました。入社後は「AKARENGA STEAK HOUSE」のサービススタッフとして配属になりました。

配属先の選択肢が自動車ディーラーだけでないのが、GLIONグループのおもしろいところですよね。

そうですね。あと、入社を決めた大きな理由は学生のことを考え、期待してくれているなと感じたことです。採用責任者も20代と聞いて、頑張れば若いうちからチャンスをもらえそうな気がしました。でも、最終的には感覚ですね。会社紹介のPVも構成や音楽が若者向けで、勢いを感じました。そういった会社の雰囲気に惹きつけられるものがあったんだと思います。

 

 

将来は広告代理店の社長?夢は書いて実現させる


自分の感覚を信じて決めた進路だと思いますが、入社前に想像していた仕事を今はすることができていますか?

概ねマッチしていると思います。「自分の叶えたい夢は言い続けろ、紙に書いておけ」みたいなことをよく言いますよね?入社したばかりの時にコンビニで買ったノートに3年後までのビジョンを書いたんですよ。1年目は現場レベルのことを全て把握し、どんなことでも任せられるようになること、2年目はステーキハウスの経営に携わる、3年目はなぜか「広告代理店の社長になる」と書いていました。

なぜ広告代理店の社長に?(笑)

振り返ってもなぜそんなことを書いたのかは全く思い出せません(笑)。3年目はさておき、1年目2年目は書いた内容通りに仕事をすることができていて、さほどずれていないかなと思います。

今までは順調だったということですね。今後については何か書いていますか?

最近は欲しいものを書くことにしました。買うことができたら、仕事を頑張れたということかなと思って。最近はモンブランのボールペンと、Macbookを買いました。Macbookは8月に買う予定だったところを前倒しで購入したので、仕事は順調と言えると思います。

 

 

短期間で店舗を黒字化。飛び級でアシスタントマネージャーへ


GLIONグループの「経営者育成コース」に進み、1年目はどんな仕事を任せてもらっていたのでしょうか?

1年目はステーキハウスでサービスを担当していました。ある程度仕事を覚えることができてきたので、3ヶ月ほど経った時に雑誌への出稿等簡単な広報活動、SNSの運用やWebマーケティングに携わらせてもらうことになって。その後、経営戦略室が立ち上がって、引き続きWebマーケティングをやらせてもらいながら、コンテンツの創出をやることになりました。新たなコースメニューを考案するというようなことですね。

北村さんはステーキハウスのコースメニューも新しく考えられたとか?

はい。当時は1万円、1万3千円、1万8千円という3コースで、一般的に松竹梅でコースを作れば、真ん中が良く売れます。実際に50%の方が1万3千円のコースを頼まれていました。では、1万8千円と1万3千円の間に1万5千円のコースを作れば、1万3千円を頼まれていた方の選択肢に入るのではと試してみたところ、実際に人気が出ました。

お客様からすれば選択肢が増えるし、店側からすれば客単価も上がるし、お互いにとって良かったわけですね。その後CAFÉ1923でも何か企画されたとか?

はい。CAFÉ1923のマネジメントを任せて頂くことになり、もともと赤字だったところを半年で黒字にすることができました。

すごいですね。具体的には何をされたのですか?

商品の価格を全て見直しました。まずは良く売れているメニューでも利益率が低いものを10アイテム無くしました。そうするとニーズがあって利益も取れる商品が残ります。メニューの1つであるハンバーガーが人気。というデータが出ていたので、ハンバーガーを強化し、そこそこ売れたのですが、赤字を解消できるほどではありませんでした。そこで改めてリサーチをして、ターゲットを主婦に絞ってビュッフェを始めました。そこで売り上げが以前の2~3倍になり黒字化することができました。

/

1

仕事術を磨く。本はもちろん、周りのスタッフやお客様から学ぶことも


学生の頃は感覚を重視して物事を決めていたようなお話がありましたが、今ではガラッと変わって、結果やデータをもとに分析し判断されています。仕事をしていく中で身に付いたのでしょうか?

そうですね。予算を取るのに感覚で物を言っても上司は誰も納得してくれません。なので周りのスタッフがどういう風にしているのかを見て盗んだり、本を読んで知識を身に付けたりしました。読んだ本の中でも間違いなく影響を受けているのが三木雄信さんの「孫社長のむちゃぶりをすべて解決してきた すごいPDCA」。根拠立てて仕事をするようになってき始めた頃にこの本を読んで、今の考え方は間違っていないと思えるようになりました。

私もその本読んでみます。では、実際に仕事をしている中で影響を受けた出来事はありますか?

やはりお客様ですね。特にVIPのお客様は自分には想像もできないようなことを経験されている方ばかりですが、皆様謙虚なんです。なぜなのか聞いてみると、「自分一人の力で今があるわけではない、自分がやりたかったことを一緒にやってくれた人が沢山いるから」とおっしゃって、さすがだなと刺激を受けました。もちろん周りにいるスタッフからも影響を受けています。言葉の選び方であったり、お客様に対して失礼にはならないけど面白い伝え方だったり、学ばせてもらうことが多いです。

 

 

1から10は誰かに譲ってもいい。0から1を作るのは自分


GLIONグループで様々な経験をされて4年目に入りましたが、今後の夢や目標はありますか?

やはり独立ですね。特に何をするかにはこだわっていないです。ただ、今のポジションで仕事をさせてもらうと、今後は様々な業態の店舗や部署で問題にぶつかって、それをどう解決していくかを学ぶことができますと考えています。そこで培ったノウハウを活かして事業を立ち上げ、グループ外の飲食店をコンサルできたらおもしろいなと思っています。

グループ内での起業も視野に入れているのですね。今更になってしまいますが、そもそもなぜ起業したいのでしょう?

僕が起業したい理由は、自分の考えたことがどれだけ世の中にインパクトを与えられるかを見てみたいからです。お金は二の次ですね。いつか父親の会社を継いでもっと大きくしたいなと考えたことはありました。でも、それでは父親が作った土台に乗っかるだけのような気がして。。。1を10にするのではなくて、0から1を生み出せるようになりたいです。今は仕事が楽しいし、まだまだここで勉強したいこともあるのでどうなるかわかりませんが、30歳で起業を目標に考えています。

近いうちにすごいインパクトを受けることを期待しています!最後に、どういう人がGLIONグループで活躍できると思いますか?

当たり前のことですが、偏屈にならずに素直にいろいろなことを吸収できる人、上には上がいると理解し上を目指して頑張り続けられる人、物事をネガティブに考えない人ですね。飛び抜けた技術がなくても何とかなることは僕が証明していると思います(笑)。

なるほど。若いパワーでこれからもGLIONグループを盛り上げて欲しいです。本日はありがとうございました!

 


ジーライオングループ新卒採用情報はこちら
ジーライオングループ中途採用情報はこちら
▼ジーライオングループ Wantedly もチェック♪▼
https://www.wantedly.com/companies/glion

OTHERS関連企業/ブランド