社内FA制度を利用し「現場のセールス」から「人事本部」へ。今後のキャリアプランとは?

新卒入社後、一貫して自動車の営業をしてきた重森。8年目を迎える今年4月に社内FA制度(グループ内の求人で希望する職種があれば立候補し異動できる制度)を利用して、グループの人事本部に異動しました。3年目から店長を任されたり(これはジーライオングループ最年少記録です!)、グループ会社のSVを兼任したりと営業として順調にキャリアを歩んできた。このタイミングでなぜ異動することになったのか。その真相と今後のビジョンに迫ります。

==============================
■株式会社ジーライオン 人事本部 重森 寛生(しげもり ひろき)
2011年に新卒でクインオートに入社。中古車の営業を3年経験し、スズキのディーラーであるスズキ中兵庫販売へ転籍。新規店舗の立ち上げ、マネジメントを経験し、グループ企業である奈良日産自動車のスーパーバイザーも兼任。2018年4月、社内FA制度を利用しジーライオンの人事本部で勤務することになった。
==============================

 

移籍の理由「今までよりも大きな利益や未来を生み出したい」


 本日はよろしくお願いします。重森さんが異動してきて2ヶ月。今では2年前からいたかのように馴染まれていますが、実際に仕事をしてみてどうですか?

面白いですね。正直「人事」に自分がいるイメージは8年前で考えると全然なかったのですが、現段階ではやってみて楽しいなと思っています。

いいことですね!どんなことをするかというイメージは全くなかったですか?

はい(笑)。現場にいる時は、採用に関して人事に任せきりでした。今思うとダメだったなと思うのですが、当事者になれていなかったので、正直なところどんな仕事をしているのかさえ知らなかったです。入ってみると思っていた以上に遣り甲斐も感じられますし、凄く壮大な仕事で嬉しかったです。

良かったです。重森さんはいつも仕事に対してワクワクされているので、自然と人事本部全体の雰囲気も明るくなったと思います。

だって、組織を変えられるレベルですよ!組織を作ることもできますし、採用した方々が生み出す利益を考えると、1店舗の利益ではなくグループ全体の大きな利益に影響するイメージがあります。そこは壮大というか、営業ではないけど大きな利益を動かせる仕事なんだなって感じてワクワクしています。


重森さんは声も人一倍大きいです

人事に異動しようと思った決め手は何ですか?

前から興味はめちゃくちゃありました。異動する前に鞍野さん(人事本部長)と話をした時、現場にいた経験をもとに次は何をしたいのかと聞かれたんです。その話の中で、人を採ること、育てることによって今までよりも大きな利益や未来を生み出すことができたら面白いなと思って異動を希望しました。

 

 

経験を活かして“採用を行うアドバイザー”に


現場のマネジメント経験を今後どうやって人事本部で活かしたいですか?

まず、現場ともっとコミュニケーションがあってもいいなと思っています。採用したい人の具体的なイメージをもっているのは現場なので、現場の気持ちをしっかりと汲み取って上げられるようにしたいですね。マネジメントしていた観点から言うと、本当にそこに人が必要なのかどうかも判断できるかもしれません。こっちで頑張って採用活動をしても、数字をみて分析すると実は必要がないケースも過去にはあったと思うので、そういった部分にもあえて介入したいです。なので“採る”のが仕事ではなく、あくまで現場が目標を達成するための計画に人材が必要と判断すれば採用を行うアドバイザーでいたいです。知っているからこそ口も出せますし、数値を用いてちゃんと判断できるかなと思います。

この2ヶ月である程度の仕事の流れは掴んだと思いますが、今後やりたいことは見えましたか?

新規事業を立ち上げてくれるような人物を採用したり、刺激的な人物を採って現場を活性化させたいですね。もっと入りたいと思える会社を作るのも人事からできることですし、面白い企画を生み出す為に社内大学の立ち上げにも取り組みたいです。そこでチャンスを得たいと思っているスタッフとジーライオングループ自体をもっともっと楽しく、強化していきたいという思いはありますね。

社内、社外共に盛り上げる人事になりたいということですね。

入社した時はみんな尖っている部分を持っていると思うんですよ。新卒で入ったばかりのスタッフと話すと、漠然とでも「俺、やりたいんですよ!」みたいな気持ちを持っていることが多いのですが、仕事をしているうちに、頑張ってはいるものの何かで迷ったり躓いたりして、想いが弱くなってしまっているスタッフが多いんです。もし「ずっとこのままなのかな。」と思っているとしたら、そういう気持ちをなくしたい。熱い想いをもう一回呼び覚まして、ずっと初心でいられるような場所を作ることが凄く大事かなと思っています。

先ほど話した現場でのマネジメント経験に加えて、もう1つ重森さんの強みは爽やかで男前なルックスですが、ご自身の武器は活かせそうですか?

褒めて頂いてありがとうございます(笑)。女性からの応募が増えるといいなと思います。


増えます。

 

 

“お客様に車を売る営業”と“学生を採用する人事”の共通点


お客様の前で話をしていたこれまでとは違い、新卒のイベントで学生の前で話してみてどうでしたか?

意外と共通する部分は多かったです。お客様も全員車を買うつもりで来ているわけではなくて、温度感は人それぞれじゃないですか。一応見積だけもらう、他社の車と比較する為にとりあえず試乗したい、みたいな方が多いです。そこは学生も同じです。絶対にここで働く、と決めて1社に目掛けて来るのではなく、いろいろな選択肢の中から一つを選ぶ為に来ています。その中で、本当にどう思っているのかを会話したり、表情を見たり、色んな接触を重ねる中で汲み取って、ジーライオングループのことをわかってもらい採用に結びつけるというフローは共通していますね。


なるほどです!

 

 

ここは着地点ではなく、描くキャリアの途中地点


今後の目標はありますか?

色んな企業を見ていると、グループとしての利益を考える機関である人事を経験しておくのは後々凄く大事なのかなと。自動車メーカーの役員も結構人事を経験している方が多いじゃないですか。その経験を用いてもっと別のステージに行きたいというのは間違いないです。ただ、まずは人事をより深く理解しないといけないと思っています。人事で活躍して新規事業にも噛んでいきたいですね。

人事で仕事をしてみて、改めてどういう人と一緒に働きたいと思われますか?

素直・勉強好きってことも凄く大事ですけど、建設的に話ができる方が良いですね。否定するのではなく「どうやるか」を一緒に考えてくれる人。簡単に言うとワクワクできる人、実現に向かって一緒にやっていこうって思える人ですね。そういう方と一緒に働いて自分も成長したいですね。

キラキラしすぎて眩しいです

最後に、人事としてのこの1年の具体的な目標があれば教えて下さい。

今期は経営企画を新卒中途、共に20人採用したいですね。目的は、ジーライオングループに新たな可能性をもたらしてくれる事業の立ち上げと、今ある会社の活性化です。外からの視点は良い意味で刺激を与えてくれるので!また、経営戦略的な部門なので、経営陣と現場のつなぎ目というか、より滑らかに経営陣の思いを現場に伝えつつ、現場の意見も経営陣に伝えグループ社員の皆さんが働きやすい会社をつくります。

いいですね。

そして最終的には、会社のビジョンがスタッフ一人ひとりの行動の理由にまで繋がるようにしたいです。「自分は今、何でこの仕事をしているのか?」が落とし込まれていればみんなが「ジーライオングループで仲間と同じ方向を向いて仕事をしているんだ」という気持ちになってやりがいを持って働くことができる、それが本来の組織だと思っているので。

これから一緒に頑張っていきましょう!ありがとうございました。

 


ジーライオングループ採用ページはこちら
▼ジーライオングループ Wantedly もチェック♪▼
https://www.wantedly.com/companies/glion

OTHERS関連企業/ブランド